「ほっ」と。キャンペーン

調書は語る4 自ら拡大3号機の危機 「何とかなる」で大ピンチ / 東京新聞


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。

【 要約 】


非常用冷却装置による冷却が続いていた3号機だが、
13日未明に装置が止まると状況は悪化。しかし、
吉田所長は官邸にいた東電の部長らしき人物から「海水を使うと
廃炉につながる」との電話を受け、注水準備が整った海水を使わず、
新たにホースをつなぎ、淡水注入の準備を始めた。
この時間的ロスがさらに事態を悪化させる。

■ 淡水切り替え時間ロス
Q 海水注入の準備が整っていたのになぜ淡水に切り替えたのか。
「基本的に思いだせないんですよ。強く海水がだめだというような指示が
本店からあった記憶もないんですね。現場の人間は『海水注入は次にして、
淡水という指示に切り替えた』と言っているようですけれども、
私はあまり記憶がなくて、淡水であろうが、やりやすい方でやれば
いいという判断でやったつもりなんです」
「いろいろ思い出したんだけれども、確かに官邸から淡水で入れろ
という指示があった。それに引きずられたと今では思っていますけれども、
完全に頭の記憶から抜けていました」

Q 優先的に淡水を使うに至った理由は。
「やはり官邸です」

Q **
「**ここ(3号機)はまだメーキャップできる可能性があるんで、
何とか出来る範囲は真水を集めてやろうではないかと考えですから、
海水をどんどんやるという前の日の状況とは違う」

■核燃料が露出
〈 一方、現場は炉の圧力を下げるためのベントに苦戦していた。
作業員たちは3号機の中央制御室に自家用車のバッテリーを
かき集めた電源をつくり、なんとかベント弁を開けて減圧に成功。
ようやく注水できたのは9時25分になってからだった。
減圧して蒸気が抜けても、注水が出来なければ炉は危険な空だきになる。
吉田氏はテレビ会議で「賭けだな、もう。賭け」とため息をついている 〉

Q 水位が下がっていく状況で、燃料棒がもう露出している認識はあったか。
「無論あります。**」

■水源議論蒸し返す
〈 **淡水は昼過ぎに枯渇。再び海水に切り替える必要に迫られた。
注水はその間50分以上ほど途切れ、貴重な冷却時間を失うことになる 〉

〈 海水で注入を再開したものの、すでに炉心溶融が始まっていた
3号機はさらに深刻さを増してゆく 〉

〈 その夜、テレビ会議では、2号機の水源をどうするかが議論された。
吉田氏が海水注入の方針を伝えると、本店社員が「いきなり海水っていうのは
(炉内の)材料が腐っちゃったりしてもったいない。
なるべく粘って真水(淡水)を待つという選択肢まある」と議論を蒸し返した。
*吉田氏は「今から真水というのはないんです。
時間が遅れます。また」と言い放った 〉

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3号機はプルサーマル。
東電の虎の子だ。
この期に及んでも、未練たらたら。
あわよくば、再び使う気まんまんだった。

3号機の爆発は凄まじかった。

黒い爆発。
それまで、ガス爆発の瞬間の映像は何度か見ていたから、
1号機爆発の時は、すぐにガス爆発と同じと認識したが、
3号機は違った。
もろに、やられた。

爆発の後でモニターの線量が急に上昇したと言う。
3号機の爆発は今も謎だ。

東電は、
運転マニュアル以外のことは、
対応出来ない。

この程度が限界だったのだろう。。






個人の感想です。
注1)福島第一原子力発電所のことを東電用語では1Fと称するが、
   1Fは建築図面では1階のこと。
   このブログではそのままF1と表します。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞2014年9月19日
b0242956_23481558.jpg

b0242956_23485996.jpg

b0242956_23491664.jpg

b0242956_23493211.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
8/1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/

おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-7 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
-6 ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/
-5ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13  http://lituum.exblog.jp/18165295/
-4 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/

-3「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/

-2 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-1 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
0 2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2.  5. メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away"  href="http://lituum.exblog.jp/21285539/" target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風 特選動画】

終わりなき人体汚染 チェルノブイリ事故から10年
チェルノブイリ 人体汚染4

  by setonokaze | 2014-10-01 00:06 | 東京新聞

<< 調書は語る6 3号機も水素爆発... 調書は語る3 海水注入ためらっ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE