「ほっ」と。キャンペーン

調書 要旨 枝野氏 間違いなく全面撤退趣旨 福山氏 班目さん「あちゃー」顔 他 / 東京新聞

政府関係者らの調書  要旨 枝野氏間違いなく全面撤退趣旨 福山氏班目さん「あちゃー」顔 菅氏海水止めない判断立派 他 / 東京新聞

今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。
関心のある所だけ読んで下さい。不要な所は読み飛ばしてもいいです。

【 要約 】
政府関係者らの調書要旨
〖 枝野氏間違いなく全面撤退趣旨 〗 枝野官房長官

Q 東電の撤退問題。
「夜に呼ばれて、首相応接室で海江田さんと話し、東電撤退も話も出てきて、
そうしたら私あてに清水社長から電話がかかってきて、同じ趣旨のことをおっしゃった。
私の一存で、はいと言える話ではありませんということで電話を切った」
「間違いなく全面撤退の趣旨だったと自信があります。
そうでなかったら私に電話してきません。
社長が私に電話をかけつくるのは特別なことなんです。
ほかの必要のない人は逃げますという話は、別に官房長官に上げるような話ではないから、
わざわざそんなことで私にかけてくることは考えられない。勘違いとかはあり得ない。」
「まさに、首相を夜中にたたき起こさないと判断出来ないような話であると。
それから社長を呼んで撤退なんてあり得ないということを伝える」

Q 撤退はありえないと伝えた時の社長の反応は。
「わかりました、撤退なんかしませんと」

〖 福山氏 班目さん「あちゃー」顔 〗 福山官房副長官

Q 1号機爆発の話を。
「当初は白煙が上がっているという報告と報道があった。首相が班目さんに聞いたら、
爆発は揮発性のものがたくさんあるので漏れているのでないか、みたいな話だった。
その後、寺田学・首相補佐官が『今、うつっています』とテレビをつけた。
建屋が吹っ飛んでいます、爆発ではないかと、首相と私はほぼ同ぐらいに叫んだ。
班目さんは『あちゃー』という顔をされてた。
チェルノブイリ型の爆発が起こってしまったのかと思った」

〖 菅氏 海水止めない判断立派 〗 菅直人首相

〈 菅氏は聴取の冒頭、事故原因の見解を述べた 〉

「F1事故は事故以前に、その大半の原因があったというのが、私の認識であります。
歴史的に見れば、あの地域は50年や百年に一度は大きな津波が来ているところであり、
そういう考慮が当時全くなされていなかった点が象徴的にも言える。
また原子力安全・保安院は、原子力を推進している経済産業省の中にあった。
それがいろんな形で安全性を軽視することにつながったという事例は、
たくさんあったように思えてなりません。簡単に言えば、
全電源喪失を一切想定しない中で行なわれていたところに大きな理由があったと思っています」

Q 黒武さんの説明だと、海水注入の了承が官邸で得られないので、注入をちょっと待ってくれと吉田所長に連絡している。
「止めろと言ったことは一度もない。東電の伝達ミスか、誤解か、
おもんばかりというものが、私に対する批判になっているんですよ。
そこが一番問題で、東電の体質ですよ。
吉田所長は、一応止めるぞと言って、実は止めなかったという判断をしたわけですよ。
立派だったと思いますよ」

Q 東電の撤退の話を聞いたいきさつは。
「15日午前3時ころ、私は執務室の奥の部屋でソファに寝ていたのですが、
経産相から『東電が撤退したいと言ってきている』と官房長官の方からも
『自分の方にも来ている』と。私自身は撤退はあり得ないと思っていました。
清水社長が『そんなこと言っていませんよ』という反論は一切ありませんでした。
やはりおもっていたんだなと」

〈 東電への不信感を募らせた菅氏は15日早朝、政府・東電の統合対策本部を設置。
東電本店に乗り込んだ 〉

Q 首相が東電本店にいくことになった。
「行ってみると、200人ぐらいの会議室で、私なりの気持ちを込めて
皆さんに話をしたわけです。苦労しているのは分かると。しかし、
ここは何としても踏ん張ってもらはないと、日本の国が成立しなくなる。
命を懸けてください。逃げても逃げ切れない。金はいくらかかっても構わない。
日本が潰れるかもしれない時に、撤退はあり得ない。会長、社長も覚悟して決めてくれと。
60才以上が現場に行けばよい。撤退したら東電は潰れる。
そんな話をしたんです。それ以来、撤退の話は聞かなくなりました」

Q 事故に対処した首相として、後世に伝えたいことは。
「やはり原発というのはちっとやめておいた方がいいなと。
やはりなんと行っても第一はリスクの大きさです。首都圏を含む1/3に近いところは、
ある時期住めなくなるというリスクを考えた時に、そのリスクを完全にカバー出来る
安全対策はあり得ないというのがわたしなりの結論です。
もう一つ
大きな問題は核廃棄物の問題です。今回の4号の問題は象徴的で、
プールには使用済み燃料と同時に、使用中のホットな燃料も一緒に入っているわけです。
使用済み燃料でも水が抜ければメルトダウンしている可能性は十分ありますし、
結局持って行く先がないと。
原発のリスクの大きさを考えるときには、責任を取りきれない。
根源的なリスクを人間はコントロールし切れないだろうと思っています」

以下略。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京新聞の
記事と公開された調書PDFを読み比べてみたのだが、
東京新聞の記事も、まとめが入っているので、
とんでいるところや、
つなぎ合わせたところがある。

この記事の通りに質問、回答がされたわけではない。

やはり、原文に当たれだ。

政府事故調査委員会ヒアリング記録 内閣官房
菅直人 2012.4.3  (全62頁) 
http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/hearing_koukai/702_koukai.pdf
枝野幸男 2012.3.25 (全63頁)
http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/hearing_koukai/641_koukai.pdf




・・・・・・・・・・・・・

個人的意見だが、
東電は電力のドン。
自尊心だけは業界一だ。

だが、原発に関しては、
どの電力会社も、いまだにそうなのだけれども、
運転マニュアル至上主義。

原子力メーカーは
系列になっていて、
自社情報が系列外に流れることを極端に嫌う。

納品原発にマズイことがあっても、出来るだけ、
電力会社には伝えない。
他社原発メーカーに情報が抜けると、次の受注にも触るからだ。
本当のことはメーカーにしか分からない。

一方、
電力会社は、知りませんでは通用しないから、
知ったぶりをする。

だが、
マニュアルにないことは、対処外。
ヘタに対応すれば、規則違反。
ことと次第ではクビだ。

こんな実態の東電に、
国の命運がかかっていたとは、
考えるだけで恐ろしい。
たんに、運がよかっただけ。

それを、
大したことになっていないのだから、再稼働だ。
やれ、戻って、住めと言われてもね。
運が尽きればそれまでだ。






注1)個人の感想です。
注2)福島第一原子力発電所のことを東電では1Fと称するが、
   1Fは建築図面では1階のこと。
   このブログではそのままF1と表します。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞2014年9月12日6面
b0242956_17381692.jpg

b0242956_17393712.jpg

b0242956_1739553.jpg

b0242956_17393483.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
8/1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/

おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-7 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/

-6 ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/
-5ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13  http://lituum.exblog.jp/18165295/
-4 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/

-3「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/

-2 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-1 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
0 2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2.  5. メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblo
g.jp/18757169/

7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away"  href="http://lituum.exblog.jp/21285539/" target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風 特選動画】

福島第一原発爆発 安全神話はなぜ崩れたか 3/ 4

  by setonokaze | 2014-09-23 18:03 | 東京新聞

<< 調書 要旨 汚染水放出私の判断... 吉田調書 Ⅴ要旨 13日 官邸... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE