過酷なタンク内清掃 かっぱ二重 全身汗だく / 薄暗い中 人海戦術 東京新聞 

今日、
ご紹介するのも東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。

【 過酷なタンク内清掃 】    要約

F1の
新型除染装置アルプスで不具合が起きているのに
東電が運転を続けた結果、
多数のタンクを高濃度の放射性物質で汚した。
東電は「タンクの除染を始めた」というが
後始末をさせられるのは作業員。
現場は過酷だった。

タンクに直径80センチほどの孔を開け、
高さ、直径ともに約10メートルあるタンクの中に入る。
天板の点検口から差し込むわずかな光と
持ち込んだLEDライトの光だけが頼りだ。

つい数日前まで1000万ベクレル/リットルと放出基準の数十万倍もある
放射性ストロンチウムなどを含む水が入っていた。

防護服の上にかっぱを二枚重ねし、フードを全面マスクの上からテープで密封。
手はゴム手袋など四枚重ね。足下は長靴と完全防備だ。
約20分ごとに交代する人海戦術。
完全防備のため、あっという間に全身汗だくに。
顔から汗が滴り、マスクに水滴がつく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

F1では
β線はたいしたことない報道が多い。
透過力は弱く、アルミ板1枚(数ミリの)で遮蔽できるという。
1センチのプラ板でもいいらしい。
ググると、遮蔽により、X線が出るとある。

防護服の上にかっぱ2枚ではね。
アルミのタイベックスなんてなさそうだし。
だから、約20分で交代なのだと。。
過酷な人海戦術。

クリーンな原子力エネルギーとは
真逆な世界。
原発は(爆発後は特に)被曝労働なくして成り立たない。
最後は、雑巾?で拭き取る。

原発は何とも、ローテクの世界だ。









注)個人の感想です。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            東京新聞 2014年3月26日
b0242956_7125057.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当ブログ
-3 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-2 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
-1 「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
0 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21

1 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。http://lituum.exblog.jp/17909501
2 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3 メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
4 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
5 アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" http://lituum.exblog.jp/21285539/
6  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
7  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
8 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
9 トイレなき原発の限界 「原発ゼロ」小泉発言の衝撃
http://lituum.exblog.jp/21336601/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2014-04-11 07:16 | 東京新聞

<< 「氷山の一角」 原発戯画 本田... 「 ヤバい! 建屋に津波が 」... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE