前双葉町長、伊方で脱原発講演 /別冊南海日日新聞 話題の発掘 東京新聞 


今日、
ご紹介するのも東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。

【 前双葉町長、伊方で脱原発講演 】    要約

2014年2月19日
伊方町中央公民館で井戸川前双葉町長の
脱原発を訴える講演会があった。
町有施設で脱原発をテーマにした講演会が開かれるのは
非常に珍しいのだ。

伊方原子力広報センター(財)や町主催の原発安全PRの行事には
何度も使わせている。
今年1月、町はいったん許可したものの、許可を取り消した。
井戸川氏の講演会は2月隣接の八幡浜市と、宇和島市で行なわれた。 参照1
伊方町の取消が全国紙で報道されると、
町は一転して認めた。

「住民は避難することを受け入れてはいけない。
悲惨な生活があるだけだ。
事故を防げないのならば、
危険な原発こそが避難するべきものだ」
言葉は特に心に迫った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

井戸川氏は双葉町長として、
F1の爆発を目の当たりにしている。
F1から2キロの地点。

12日「ズン」という鈍い音がした。              引用2
「ああ、とうとう起きてしまった」と町長は思った。
数分して、断熱材(グラスファイバー)のような破片が
ぼたん雪のように降ってきた。
「大きなものはこれぐらいあった」と
町長は親指と人差し指でマルをつくった。
双葉厚生病院は福島第1原発から2キロしか離れていない。
雪のように断熱材(?)の破片が降るのを、
300人くらいの町職員や医師、看護師らが呆然と見つめた。
町長は「これでもう終わった」と思った。

そうした
「福島第1原発からのチリ」を浴びた町長に
「それは危険なものだという認識はあったのですか」と問うと
「今でも『もう終わった』と思っている」と応えた。
「それはどういう意味ですか」と問い返すと
「鼻血がとまらない」と言った。
「胸から下、すね毛まで毛が抜けてつるつるになった」
「銭湯で隣に座ったじいさんが『おい、女みたいにすべすべになっているぞ』というので気づいた」「陰毛だけは大丈夫だった」
「体毛がないと肌着がくっついて気持ちが悪い」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真に迫る話。
事故当時の町長としての経験から、
地元自治体の取るべき方法について、講演。

やはり、お上、電力会社任せではダメだ。
いざとなると助けにならん。
それどころか、捨て置かれる。
地獄を見るのは、地元住民。

多少の原発マネーに目がくらんでは、
割が合わん。
原発マネーを得ている人は、
原発の是非を問う場合、利害関係者として、
除外すべきだ。










注)個人の感想です。
引用1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞 2014年3月28日
b0242956_22243121.jpg

引用2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福島県双葉町に「死の灰」が降ったという井戸川町長の話
          中村隆市ブログ 「風の便り」
http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-8986
参照1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2014/02/16 【愛媛】「年20ミリシーベルトで帰還する前例が作られようとしている」 〜前双葉町長・井戸川克隆氏講演会
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/125509#more-125509
(期間限定公開後会員のみの公開 IWJ )

記事目次
原発の安全神話を壊したのは電力会社であり、国である
原発再稼働の判断ができるのは、住民だけ
過ちを繰り返さないために、私がすべてを伝える
「救済」ではなく「復興」に舵を切ってしまった福島
日時 2014年2月16日(日)13:30~16:00
場所 八幡浜市民会館(愛媛県八幡浜市)
主催 伊方原発50km圏内住民有志の会
原発の安全神話を壊したのは電力会社であり、国である

 井戸川氏は冒頭、「原発は、放射能を出すものである。あるいは、プルトニウムを作る装置。これは、以前から理解していた。しかし、放射能を出さない、いわゆる『止める・閉じ込める・冷やす』は、絶対に守られる大原則とのもとに了解していた。今回、ものの見事に、その前提条件を壊した。壊したのは電力会社であり、国である。これを放置するわけにはいかない。原発は、危険である」と指摘した。

 全国原子力発電所所在市町村協議会の副会長として、自身が、原発と共生する道を選んできたことにも触れ、「原発を、全面的に肯定していたわけではない。全原協では、絶えず事故防止対策を要望事項の筆頭に上げている。事故のないことを前提条件にしてきたことを、理解していただきたい。そういう中でも、正しい情報が出されなければ、正しい議論はできない。この事故を経験して、本当に正しい情報が出されていなかった、と痛感した」と述べた。

原発再稼働の判断ができるのは、住民だけ

 井戸川氏は、再稼働に関して、「議会で決められる項目に『再稼働』は入っていない。町長の権限でもない。地方自治法の決裁事項として、『再稼働』というものはない。それを、『市町村長が合意したから』と言っているが、政府が都合の良い解釈をしているだけで、地方自治法上は、違法だ。再稼働を決められるのは、住んでる人たちだけである」とした。

 さらに、再稼働シナリオが進むことに触れて、「国は、津波で壊れてしまう原発に合格を与えてきた責任を知らん振りして、原発の再稼働シナリオを作っている。しかし、これまでに再稼働問題について、住民との意見交換会はあったでしょうか」と問いかけ、民主主義社会における行政手続が欠落していることに警戒感を示した。

 福島事故での失敗について、井戸川氏は「東京電力は、日本一のガリバー企業で、日本政府がついてるから、何があっても大丈夫だと思い込んでいた」と述べ、「しかし、事故が起きてみたら、逃げるのだ。『放射能は自分のものではない』と主張する。だから、再稼働前には、電力会社の責任確認が必要である。第1次責任者は電力会社、第2次責任者は監督責任のある国だということを、住民が主体となって、契約することが必要である」と続けた。

過ちを繰り返さないために、私がすべてを伝える

 井戸川氏は、原発を再稼働する前にやることとして、まず、「福島に学ぶこと」を挙げ、次のように語った。「国からの避難指示は、3月12日午前5時54分に出された。それ以外は、何もない。だから、避難指示は、私なりに解釈した。放射能からの避難は、放射能がないところまで避難すべきである。そこで、町民の健康を守ることを優先して、避難先に埼玉を選んだ。ところが、福島県内でこの行動に出たのは、私以外にはいない」。

 続いて、「交渉団体の設立を急ぐこと」と述べた。「事故が起きてしまうと、賠償などの交渉団体を作らせないように分断される。だから、事故に遭う前に作っておいた方がいい」と提案した。そして、福島のようにならないために、「契約すること」を強調した。

 「原発事業者には、再稼働前に、いかなる免責も与えないこと。自然災害の場合には不可抗力だからいい、などということは、絶対に駄目である。それから、放射能を自然界に出させないこと。事故で避難するのは、原発であること。立地を、放射能のゴミ置き場にしないこと。これらについて、契約しておく。再稼働の了解者には責任があるので、事故の全損害の賠償を、住民と契約するべきだ」と述べ、「これらは可能であり、皆さんがやらないだけ」と指摘した。

「救済」ではなく「復興」に舵を切ってしまった福島

 現在、進められている「帰還計画」について、井戸川氏は「福島の基準が20ミリシーベルト/年で作られ、福島県民がそこに戻れば、今後は(原発事故があった場合)、20ミリシーベルト/年の基準で帰還しなければならないことになる。今、前例が作られようとしている。今、起こっていることは、すべての国民の問題である」と危機感を表明した。

 さらに、「福島には『救済計画』はなく、救済をせずに『復興』に舵を切ってしまった。これは、問題を先送りしただけで、県民はやがて後悔するだろう。完全な救済をせずに、復興と言っても駄目だ」と主張。

 「放射性物質の恐ろしさは、測った時ではなく、蓄積の恐ろしさである。放射能からの避難が中途半端であることから、再稼働の条件として、『仮の街』を200キロメートル以上離れたところに作らせる必要がある」との考えを示した。【IWJテキストスタッフ・花山/奥松】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当ブログ
-3 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-2 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
-1 「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
0 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21

1 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。http://lituum.exblog.jp/17909501
2 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3 メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
4 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
5 アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" http://lituum.exblog.jp/21285539/
6  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
7  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
8 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
9 トイレなき原発の限界 「原発ゼロ」小泉発言の衝撃
http://lituum.exblog.jp/21336601/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2014-04-06 22:32 | 東京新聞

<< 全電源喪失の記憶 証言 福島第... 91回目四電本社前再稼働反対 ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE