「ほっ」と。キャンペーン

福島集団訴訟 原発資料開示 裁判所決定を東電拒否 / 東京新聞 

今日、
ご紹介するのも東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。
要約      

【 福島の集団訴訟 】

東電を相手どった
「生業をかえせ、地域を返せ!福島原発訴訟」
福島地裁での決定
東電に
「福島原発事故以前に検討していた津波の予測、原発の安全性についての資料」
提出するよう決定。

東電側は
「必要性がないと考えるため、(中略)お応じかねる」
と拒否。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東電は
というか、原子力ムラ、政府等
原発関係者は
原発はいずれ、
取り替えしのつかない
大事故を起こすと考えていた。

そして、
万一、事故を起こした場合の
対策をシレッと
原賠法に定めた。

第一章第1条 からすごい
「・・原子力損害が生じた場合・・原子力事業の
健全な発達に資することを目的とする。」
つまり、
原発を続けることを前提にしている。

さらに
驚くことに
第2章第3条
「原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。
ただし、その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によつて
生じたものであるときは、この限りでない。」
法律本文ではつまり
電力会社が賠償すると定めて、
但書で
「その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によつて
生じたものであるときは、この限りでない。」
とした。

ここが重要。
この国の法律は但書ですり抜ける。
ザル法にするのだ。

すなわち
「異常に巨大な天災地変」だから
東電に責任はありません。だ。

多分、
この原賠法を根拠に
「過失に関する文書を出す必要はない」
だ。

巨大な天災地変とは
隕石が原発を直撃したような場合
が今までの考えだが、
政府が変われば、解釈次第だ。
お上にほんと都合よい法だ。

東電は
事故当初から、この考えだから
「無主物」などと言う、
ひどい言い訳が平気で出来る。
し、
除染の費用も支払おうとしない。

東電の
諸々の目に余る諸々の対応も、
全てこの解釈のなせる所。

話は違うが、
メーカー責任を問えないのも、
第2章第4条による。
「・・原子力事業者以外の者は、その損害を賠償する責めに任じない。」
「原子力事業者以外の者」にメーカーが該当するからだ。
紛れ込ませた、実に巧妙だ。

原発が
いくら大事故を起こしても、
原倍法に守られているなら、
電力会社が我が身を削って
安全に努力するはずはない。

再稼働は
電源車、消防車、を手配した。
バッデリーを2システムにした。
ベント設備もするつもり。等
程度では、
F1の悪夢の再来は
避けられない。


原倍法の改正が急務だ。








注1)個人の感想です。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞 2014年1月20日
b0242956_101134100.jpg

b0242956_10122138.jpg

b0242956_1012388.jpg

参照1 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 原子力損害の賠償に関する法律(原賠法)
第一章総則
(目的)
第1条 この法律は、原子炉の運転等により原子力損害が生じた場合における損害賠償に関する基本的制度を定め、もつて被害者の保護を図り、及び原子力事業の健全な発達に資することを目的とする。

第2章 原子力損害賠償責任
(無過失責任、責任の集中等)
第3条 原子炉の運転等の際、当該原子炉の運転等により原子力損害を与えたときは、当該原子炉の運転等に係る原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。ただし、その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によつて生じたものであるときは、この限りでない。
2 前項の場合において、その損害が原子力事業者間の核燃料物質等の運搬により生じたものであるときは、当該原子力事業者間に特約がない限り、当該核燃料物質等の発送人である原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。
第4条 前条の場合においては、同条の規定により損害を賠償する責めに任ずべき原子力事業者以外の者は、その損害を賠償する責めに任じない。
2 前条第1項の場合において、第7条の2第2項に規定する損害賠償措置を講じて本邦の水域に外国原子力船を立ち入らせる原子力事業者が損害を賠償する責めに任ずべき額は、同項に規定する額までとする。
3 原子炉の運転等により生じた原子力損害については、商法(明治32年法律第48号)第798条第1項、船舶の所有者等の責任の制限に関する法律(昭和50年法律第94号)及び製造物責任法(平成6年法律第85号)の規定は、適用しない。

当ブログ
-3 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-2 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
-1 「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
0 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21

1 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。http://lituum.exblog.jp/17909501
2 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3 メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
4 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
5 アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" http://lituum.exblog.jp/21285539/
6  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
7  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
8 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
9 トイレなき原発の限界 「原発ゼロ」小泉発言の衝撃
http://lituum.exblog.jp/21336601/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2014-01-30 10:21 | 東京新聞

<< 若い貴方へ 若者よ いまこそ... 原発ゼロ 首都から 小泉元首相... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE