放射能なければ軍団つながった。 日光猿軍団の伝言(上)  東京新聞

今日、
ご紹介するのも東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。

放射能にダウンした日光猿軍団。
象徴的な放射能被害。
記憶にとどめ置きたい。
東京新聞の詳細な顛末記事。

事故で韓国人調教師帰国
「そんなことは猿でも分かる」と人間はよく言うが、
自分達はそんなにえらいのかねえ」と、
事故後も原発を続けるような動きに憤る。

2006年以降、
韓国の大韓大から調教師志望の留学生が
多くやってきた。
一期生として来日した女子学生アランさん
「放射能の問題がある。
あなたが子を産む時のことを考えると..。
そう母から言われた」
大韓大からの留学が再開するかもしれない。
そんな願いも断たれた。
 
原発事故で、
猿たちの芽や葉は放射性物質の濃度が高く、
野山の散歩が出来ない。
調教師不足で新しい猿を教える余裕が無くなり、
ショーはベテランの猿頼み。
今夏、高齢の猿が疲労で
好物の果物にすら手をつけなくなり、
閉園を決めた。(2013年12月31日まで営業する)

校長の間中さんは、いま思う。
「放射能がなければ軍団はつながった。
おれは怒り続ける。
汚染された地域で子育てしている人、
避難している福島の家族…。
いろんな立場の人に怒り続けてほしい。
でないと、原発はなくならないべ」

東電が
まき散らした放射性物質。
「無主物」と主張し、
いまだに、東電の責任を果たさない。
除染の費用の支払いにも、応じようとしない。

原発を動かす時は、「メルトダウンはあり得ない」と
綺麗事ばかり。
事故を起こせば開き直る。
安倍政権は原賠法により、
東電に免責を与えようとしている。
東電はチャラだ。
そして、
福島は、なかったことにして、
再稼働を目論む。
こんな、横暴ゆるす訳にはいかん。








注)個人の感想です。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞 2013年12月11日
b0242956_654421.jpg

(A4スキャナーに納めるため、右端が少し切れました。)
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
0 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21

1 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。http://lituum.exblog.jp/17909501
2 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3 メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
4 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
5 アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" http://lituum.exblog.jp/21285539/
6  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
7  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日はクリスマス。  John Lennon - Happy Xmas (War Is Over)

  by setonokaze | 2013-12-25 07:01 | 放射能汚染

<< 消防車による原子炉注水 十分届... 原発違法労働 線量計 東電が設... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE