ワタリガニと原発の話 

今日ご紹介するのは、
ワタリガニと原発の話。

ワタリガニ 
ガザミのことだ。
瀬戸内海に多いい。
昔は
アマモの砂地にいるのを、捕まえたものだ。

写真のワタリガニは
戴きものなので、瀬戸内海産かは定かでないが、
美味。一足早いお正月風に飾り付け。
ハランは当家産。
器はさぬきの漆、後藤塗り 
使い込む程に朱が鮮やかになる。
滅多に、食せないので、
大感謝である。

瀬戸内海のワタリガニは味もこく、美味だと思う。
小生はカニの中でこのワタリガニが一番好きだ。

ところで、
伊方原発がF1と同じ様な事故が起れば、
瀬戸内海は終わると言われている。
瀬戸内海が内海だからだ。

F1は太平洋側だ。
黒潮で拡散し易い。
それでも、今の惨状だ。

いつまでも、瀬戸内海の幸を守りたい。
美しい瀬戸内海を汚さない。
我々に課せられた責務だ。

祝島の伝統のシュプレヒコールをご紹介しておこう。

祝島伝統のシュプレヒコール  

きれいな故郷を守ろう エイエイオー!
上関(伊方)原発反対 エイエイオー!
きれいな海を守ろう  エイエイオー!
上関(伊方)原発いらない エイエイオー!
いのちの海に原発いらない エイエイオー!

b0242956_2063713.jpg

  by setonokaze | 2013-11-27 20:12 | 原発

<< 73回目四電本社前再稼働反対 ... ちろりん村29周年創業祭201... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE