黒い雨 4 (黒い雨は福島の未来の姿)

黒い雨
広島への原爆投下のあと、黒い雨が降った。     参照1
ウランが主成分である。
広範囲に強い放射能を帯びていた。
それが、諸処の放射線障害を起こした。
今でも、多くの方が、認定を受けられずにいる。

長崎でも黒い雨は降った。
不本意に、黒い雨を浴びた人が、
今でも、苦しんでいる。
だが、お上が認定しなければ、被爆者手帳は交付されない。
いわゆる、裾切りをしたのだ。

そして、
放射線影響研究所(広島、長崎)は
黒い雨を浴びた被爆者とそうでない被爆者について、
「いずれも明確な差があるとは言えなかった」と発表した。
だめ押しである。

しかも、
長崎で、固形がんの死亡比率が30%高いことが
判明したことについては、
「データが少なく、意味のある結果とは言えない」
と結論づけた。
ばっさり、民は切り捨てられたのだろう。

福島では、
F1からばらまかれたヨウ素、セシュウム           参照2
を代表とする、放射性物質が
プルームとして、流れた。
見えない透明な放射性物質の雨。
影響が出るのが数年か数十年先と言われている。

黒い雨が、福島の未来とだぶる。






注)個人の感想です。
・引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 朝日新聞 2012年12月9日
b0242956_20325571.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参照1.  黒い雨  WIKI
原子爆弾が投下された広島市で、黒い雨の記録が残っている。また、フランスの核実験場であったムルロア環礁や[1]、ソ連の核実験場であったセミパラチンスク周辺でも[2]、原子爆弾投下後の降雨の記録が残っている。
広島市では、主に北西部(下記参照)を中心に大雨となって激しく降り注いだ。この黒い雨は強い放射能を帯びているため、この雨に直接打たれた者は、二次的な被爆(被曝)が原因で、頭髪の脱毛や、歯ぐきからの大量の出血、血便、急性白血病による大量の吐血などの急性放射線障害をきたした。大火傷・大怪我をおった被爆者達はこの雨が有害なものと知らず、喉の渇きから口にするものも多かったという。原爆被災後、他の地域から救護・救援に駆けつけた者も含め、今まで何の異常もなく元気であったにもかかわらず、突然死亡する者が多かった。水は汚染され、川の魚はことごとく死んで浮き上がり、この地域の井戸水を飲用した者の中では、下痢をする事が非常に多かったという。
長崎でも、黒い雨の降雨記録が残っている。黒い雨は爆風や熱線の被害を受けなかった地域にも降り注ぎ、広範囲に深刻な放射能汚染をもたらした。

参照2    F1
東電用語では福島第一原発のことを1Fと言うが、1Fは建築図面では1階のことを示す。 ここではそのまま、F1と略称する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おすすめ 当ブログ
4.  黒い雨 3  http://lituum.exblog.jp/18959657/
3. 黒い雨 2  http://lituum.exblog.jp/18369946/
2. 黒い雨 1  http://lituum.exblog.jp/17655052/
1. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。2012.3.4
   http://lituum.exblog.jp/17909501/
転載、引用はご自由に。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2012-12-09 20:35 | 放射能汚染

<< 四電本社前再稼働反対 抗議レポ... 四電本社前再稼働反対 抗議レポ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE