福1原発はベントになぜ失敗したか 1  ラプチャーデスク

ベント弁の先に ラプチャーデスク(破裂弁)が
設けられていたとの報道はほとんど、目にしない。
意図的か?
それが作動しなかったと言うからことは深刻だ。

今日ご紹介するのは、
前日本原子力技術協会最高顧問
 石川 迪夫氏のレポ。
       
福1原子力発電所
ベントに手間取り、水素爆発。

原子炉の安全弁は作動した。
吹き出した水蒸気は格納容器に溜り、
格納容器の圧力を上昇させた。

1号機
爆発1時間前にベント弁が開くが。
既に水素が建屋に溜っていたと言う。

2号機
ベント弁は開いたが、配管に挟んだ破裂板が破れず、
格納容器が破損。
格納容器の破れから出るので、高放射能汚染の因となった。

3号機
ベントを何回か実施、炉心溶融、格納容器から水素が漏れ爆発。

石川氏はもしベントが早期に実施され、抜け出れば。。
悔やまれて余りある。と。
だが、結果論。
安全神話が崩壊した事実に正面から、対峙してほしい。
ベント対策だけで、再稼働は無理。

石川氏は 現在、放出されるセシュウムは
1億分の1にまで下がっていると言うが、
東電の罪は重い。
今も、無主物と主張している。
とても、反省をしているとは思えない。
会社更生法での出直しが必要だ。

考察

1.ラプチャーデスク(破裂弁)
の記載されたベントラインの系統図。
ベント弁の排出側に、取り付けられている。
誤ベント防止の為だ。
そもそも、絶対安全の原発の運転で、誤ベントを前提に、
システムが組まれていること自体。
びっくりだ。

2. ベントしても、その作動を確認する為には、
ラプチャーデスクの前後の圧力を監視するシステムが必要。
またそのバックアップの完全保証は無理。

3. 誤ベント防止に直列設置の場合は、最高使用圧力以下にすべき。
この図からだと説定値は最高使用圧力(0.528MPabs)を超えている。
0.549MPabsだ。

5. 系統図によると、ベントラインは2系統ある。
だが、排気塔に至る系統は1つだ。
独立した2系統ではない。
1系統としか評価出来ない。
原発は特別ルールなのだろうか。

4. もし、ラプチャーデスクの選定誤りがあったとしたら、
格納容器が破れた説明がつく。
福1原発の原子炉マークⅠ型はたこ足が弱いとされている。

5. GE社の初期設計にベント弁はない。スリーマイル原発事故からの対策だ。
だが、スリーマイル原発事故からのこの教訓は生かされなかった。        参照1
当時の、内田安全委員長のコメント。
「まちがって弁を開いてしまう危険性などよく比較検討する必要が必要がある。」
それで、ラプチャーデスクを設けたのなら、
彼の罪は深い。






注)個人の感想です。
・・・・・・・・・・・・・引用・・・・・・・・・・・・

日本原子力技術協会 のHP
電気新聞「時評」ベント
平成24年10月2日
 前日本原子力技術協会最高顧問
石川 迪夫

ベント、吐き出し口のことだが、技術用語なので広辞苑には出てない。近頃著名になったのは、今回の事故で格納容器のベントが思うように開かず、結果として水素爆発を招来したからだ。


今回事故のように冷却が出来ないと、原子炉は停止しても、炉心に残る崩壊熱で温度圧力は上昇する。と、安全弁が開いて蒸気を格納容器に噴き出し、原子炉の過圧を防止する。

格納容器は事故時の放射能を閉じ込めるのが役目の密閉容器だ。噴出した蒸気は外には出ない。中に溜まって、格納容器自体の圧力を高める。

これが想定内の事故であれば、自然放熱や冷却設備によって蒸気が水に帰るので、格納容器の圧力はさほど高くならない。

だが今回は10日間も停電が続いた。冷却設備は動かず自然放熱も限界に達して、格納容器の圧力は8気圧程にもなった。こうなると格納容器自体が持たない。弱い部分が割れたり裂けたりして、そこから無制御に放射能が出る。これはいけない。風向きをみてベントを開閉し、格納容器の圧力を計画的に抜く方がまだ良い。これが緊急時ベントの役目だ。

緊急時とはいえ、放射能を外に出すのは原子力関係者としては最もやりたくない仕事だ。ベントをめぐっての逡巡は、現場も、官邸も、ここに発している。

1号機のベント弁がやっと開いたのは、爆発1時間前だ。データーを見ると、格納容器の減圧は急でベント成功と見えたが、手遅れだった。既に水素は漏れ出て原子炉建屋に溜まっていた。開始が遅れ、作業ももたついたからだ。

2号機は、弁は開いたが、配管に挟んだ破裂板が破れず、ベント出来なかった。そのためであろうか、3月15日早朝、格納容器に破れが生じ、以降の高放射能汚染の因となった。

3号機は、13日以降ベントを何回か実施して、格納容器減圧に成功している。機材不足の中での凱歌だったが、直流電源が枯渇して冷却系が停止し、炉心溶融が始まるまでの間だった。水素発生のスピードは猛烈だ。格納容器から水素が漏れ爆発に至った。

残念ながら、事故の最中に悪戦苦闘したベントは、結果的には奏功しなかった。炉心冷却も、水素爆発の防止も出来なかった。

ところで、先日公開された事故時のテレビ会議映像録を読むと、発電所長の狙いは、安全弁とベントを使って原子炉圧力を抜き、消防ポンプで注水する所に有ったらしい。マニュアルにはないが、緊急時の乾坤一擲の試行である。

この狙いがあるなら、なぜ現場は一途にベントを実施しなかったのか。原子力安全委員長がゴテようが、総理が来ようが、戦場に逡巡は無用だった。

結果は神のみぞ知るだが、もしベントが早期に実施され、格納容器からの水素が抜け出れば、1号機の爆発は回避されたかもしれない。2,3号炉への影響、対応もまた異なったろう。当初の逡巡、悔やまれて余りある。

爆発はあったが、1,3号機の格納容器の気密はほぼ保たれており、放射能はベントを通じて外に出ている。ベントは、格納容器の底にある深さ3米ほどの水溜まりを通って出るので、放射能が洗い落とされて濃度が薄くなる。だが2号機は、格納容器の破れから直接出るので、放射能は濃い。

その差がどれほどか。3月15日の2号機格納容器の破損以降、発電所敷地境界の汚染線量は、数μSv/時から数百μSv/時へと、一挙に増大した。この事実から見て、水を通り抜けたベントの除染効果は、目の子で百分の1ほどと言える。逆に破裂板の挿入、罪は重い。

ついでながら、昨今のセシウム放出量は約0.1億ベクレル/時、最悪時(昨3月15日)の1億分の1にまで下がっている。
以上
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書 27頁
ベントラインの系統図(1号機)
b0242956_19581151.jpg

図中 仮説コンプレッサは仮設コンプレッサの変換誤りだろう。

参照1 
1989/7/6  日本経済新聞 夕刊  
【ワシントン五日=滝記者】米原子力規制委員会は五日、米国内で運転中の「マーク1型」原子炉 
同委員会によると対象となる原子炉は米国に二十四基ある。一律に設置を定めるのではなく個々
の原発の事情を考慮して電力会社が設置するかどうか判断する。
について格納容器に圧力緩和用の緊急通気弁を取り付けることを承認した。
内田秀雄原子力安全委員会委員長の話 
炉心溶融など重大事故に対する一つの対策として格納容器に圧力通気弁を付ける方法は一九七九年の米スリーマイル島での事故以来、日本でも検討している。しかし事故が起こる確率から考えた必要性と、まちがって弁を開いてしまう危険性などをよく比較検討する必要がある。対策には他の方法も考えられており、立地条件や管理体制からみて、日本の同型の原子炉ですぐに米国と同じ対策を講じる必要はないと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
1. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
2. やっぱり、東電の幹部がオフサイトセンターにいた。「東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 http://lituum.exblog.jp/18863104/」
3. 福島第一原発は今も、終息していない。http://lituum.exblog.jp/18970441/
4. 福島の生活 取り戻す。放射能は浴びせられ損なのだ
。http://lituum.exblog.jp/19064207/
5. 石をうがつ 高木仁三郎 http://lituum.exblog.jp/19040868/
6. 東電の罪を問う http://lituum.exblog.jp/18898290/
7. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
8. 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
9. 脱原発への確かな証拠 1 http://lituum.exblog.jp/17514589/
10. 示唆に富む「福島原発事故」@aquamasa さんのこと。http://lituum.exblog.jp/17545256/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画 】
福1原発当時の混乱した様子

  by setonokaze | 2012-10-14 20:27

<< 2012年10,11,12月の... 四電本社前再稼働反対 抗議 レ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE