命守る情報 黙殺 米モニタリングデータ 福島

朝日新聞の2面の見出しは「命守る情報 黙殺」
朝日新聞の1面の見出しは 政府、「放射線実測図を放置」
2面の見出しの方がキャッチ力がある。

この記事、
朝日のスクープなのだが、何か、合点がいかない。
大飯原発再稼働を決めた、直後の報道だからだ。
国民に取って、政府の怠慢は、原発復帰を決める前の、
判断材料として、報道すべきこと。
後出しの感がする。
ネタは、朝日なら、多く持っているだろう。
先出し報道は認められていないのだろうか。
行政の矛盾を鋭く切り開く。
そして、報道する。
メディアの使命だと思う。
大飯再稼働が、避難路がないことが、
焦点の一つになっていたのだから、
この報道はやはり、遅きに失した。

お上
は民のことを案じていたとは思えない。
避難指示も、遅れに遅れたと思うし。
第一、ヨウ素剤の服用指示もママならなず。お粗末だったし、
原子力発電所が爆発したのに、事象がどうやらこうやらという様なお上だ。
お上に頼ることは、はなから、あきらめた方がいい。

判断力を磨く
報道を鵜呑みにしない。
今の、TV,新聞だけの情報では、ダメ。
大本営発表になっている感がある。
戦中も、民は、短波放送にかじりついて、戦況を知った。
今の時代は、twitter,facebook,ねっとがある。
そこには情報があふれている。偽物もあるが、本物も多い。
見抜くことだ。

前置きが長くなり過ぎた。

1. 40時間以上飛行して計測したとある。
図を見れば、一筆書きになっている。
が何本かを繋いだ様だ。
汚染の様子はリアルタイムで
分かるだろう。
ましてや、米軍は即時に航空機を上空に飛ばし、状況を把握していた。
とは容易に想像出来る。
のろまはお上。。

2. 125μシーベルト/h超えが黒色表示。
波江町から、飯館村に向けてだ。
三春町で事故当時1000cpm(屋内)(約83μSV/h)を超えていたと言うから、
ひどいものだ。
船の船長なら、当然、総員退避 命令だ。

3. どこまで逃げたらいいのか、
政府は何の指示も出さなかった様だし、そればかりか、データを伏せた。SPEEDIのデータもそうだ。
しかも、いまだに、あーだこうだの理由をつけて、
落ち度を認めない。

4. お上は知っていた。
防護服に身を包んだ人が、車で来て、放射線測定をしていたと言う。 
事故直後にもかかわらず、ピンポインで高線量地区に来ていたから、知っていた。
逃げろとも言わない。(逃げろと言ってくれた人もあったとも)
これらは、twitter,ネットや記事に出ていた話。

5. 文科省は12日早朝から車を使った計測を試みたが、
道路の地割れや燃料不足で難航。
通信事情は悪く、測定箇所の特定にもてこずった。
作業が軌道に乗る様になったのは、1ヶ月近く経ってから。
すなおに、なぜ、謝罪しないのだろう。


報道から分かる様に、国民の生命を守るのが、国家の責務なのだが、
どうも、この国では、お役人の事情で、物事が決まる様だ。
お上は、羊のような従順な民がいいのだろう。
それで、命が守られるなら、それもありかも知れないが、
気概のある民は、自前で生きるすべを模索したい。

・・・・・・・・・・・・・・引用・・・・・・・・・・・・・・・・
                    朝日新聞2012.6.18
b0242956_19381731.jpg

b0242956_19383435.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おすすめ 当ブログ
1. 東電社員だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。2012.3.4
  http://lituum.exblog.jp/17909501/
2.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
3.  原発から50キロ圏内各家庭にヨウ素剤事前配布
  http://lituum.exblog.jp/17865881/

  by setonokaze | 2012-06-19 19:46 | 東電原発事故

<< 「科学者よ、声をあげよ」訴える... 飯館村であの日、何が起きたのか... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE