「ほっ」と。キャンペーン

香川の産廃問題 豊島汚染土 受け入れもめる。4

これでは、もめはまだまだ、続きます。当然です。

3月24日 大津市越市長が香川県浜田知事に直談判に来た。
県庁での会談で豊島汚染土壌の搬入を見合わせるよう求めた。

記事の見出しは「豊島を特別視」反発 とある。
浜田知事は「豊島より汚染度の高い土壌を水洗浄処理している。
これが問題でなく、なぜ豊島だけが違うのか」と質問

高飛車だなぁ
知事の発言を大津市の住民が聞いたら、火に油を注ぐ発言だと思う。
豊島の住民に、汚染は大丈夫ですと。県は突っぱねたのに、汚染が現実のものとなった。
今再び、浜田知事は大津市民に対して、豊島の汚染度は特別なものではない。
汚染は大丈夫ですと主張しているのだ。
豊島のことがあるから、大津市民が特別に、豊島の汚染土を心配しているのだ。

それが
こともあろうに、浜田知事は「市が処理の許可を取り消すのなら考えるが」だって。
この発言すごいな。まるで何とかの世界みたい。

私は 大津市 越直美市長 の「地元の理解が得られておらず、
土壌の搬入が強行されると混乱が起きる」と言う申し入れは
至極真っ当なことだと思う。
現状を考えると、ここは大津市長の申し入れを受けるべきだと。

そもそも、豊島の汚染土問題 は香川の産廃は県内処理の原則から逸脱してるので、
もめているのだ。

参考 当ブログ
3.香川の産廃問題 豊島汚染土 受け入れもめる。3  2012.3.17   
http://lituum.exblog.jp/17980869/
2.香川の産廃問題 豊島汚染土 受け入れもめる。2  2012.2.24
http://lituum.exblog.jp/178583921/
1.香川の産廃問題 豊島汚染土 受け入れもめる。1  2012.2.18
http://lituum.exblog.jp/17823303/


               引用
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・                    朝日新聞2012.3.24香川版 
b0242956_38748.jpg

  by setonokaze | 2012-03-26 03:06 | 豊島汚染土

<< 香川の産廃問題 豊島汚染土 受... 2022までに脱原発 ドイツの... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE