原子力委員会3人へ1800万円が #genpatsu

原子力委員会の専門委員の大学教授3人に高額の寄付が、朝日新聞のスクープ記事(1面トップ)

つい最近
原子力安全委員会の班目委員長らが8500万円の寄付を受けていたが、
今日の報道では、原子力委員会だ。
2つの重要な委員会が原子カムラの影響下にあると断じられても仕方あるまい。

今回は
原子カムラの存在が、原子力行政に暗い影を作っている。
以前は、多くの学者は象牙の塔に引きこもっていたのだが、最近は違うらしい。
マネー大好き学者が増殖していたと言う事だ。
お金に縁がなく、こつこつと研究に没頭してきた学者にとってはやるせない事だろう。

日本では
学者、Dr.が欧米に比して、正当に認められず、薄給に甘んじているから、
こういうダーティーマネーに手を染めるのだろうか。
はたまた、感覚が麻痺しているのだろうか。

いずれにしても、
学者を自認するなら、持論を大切にして、
身を潔癖にしておかなくては、公正を保てるはずはない。

原子力は国家の存亡に関わる施策なのに、それが、お金で決まる様な国家に明日はない。

               引用
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原子力委3人に業界から寄付 5年間で1800万円
http://www.asahi.com/national/update/0206/OSK201202050122.html

         朝日新聞2012年2月6日35面
b0242956_9135635.jpg

  by setonokaze | 2012-02-06 09:16

<< 東電は原発事故直後から作業員ら... 民主の確かな瓦解への前兆 7  >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE