黒い雨 1  #genpatsu

黒い雨

広島の原爆投下 放射性物質とともに降った「黒い雨」
お上は降雨地区を科学的に確定するのは困難と。
広島市、県の要望は認められない。
2008年の調査で、多くの住民が健康被害を訴えたにも関わらずだ。

そもそも、
広島の被爆影響被害はアメリカ統治の元、過小評価だといわれ続けているもの。
未だにお上は、これを見直そうとはしない。
お上は、放射線による被害は最小に押さえ込みたいようだ。
これが、後の安全神話の一翼になっていると思う。

曰く、
直ちに健康に影響はない。
今、放射性物質の飛散はほとんどない(空間線量)
低線量での健康被害はない。
海洋にばらまいた放射性物質はなかったことにする。
今後更なる汚染水の排出があっても、カウントしない。零とする。

いま、
原発の再稼働に向けて、原発推進派の、巻き返しは凄まじい。
なりふり構わず。彼らも必死の様だ。
電気は必要だ。生活、企業活動が出来ない。原発は必要。の三段論法。
広島で大した被害はでていない。すぐに人は住めた。長生きしている人も多い。
放射線の影響は少ない。などなど。

小さな囲み記事
で見落としそうになったが、朝日新聞1月20日 6面、18日訪問先のワシントンで
細野原発相は「40年で廃炉という原則に変わりない」と
野田総理の原発再開への姿勢といい、口先だけの脱原発。

このお上の勢いだと、なし崩しに原発再稼働にならないかと、気をもんでいる。

今一度、
再稼働させたいと言うが、お宅の電力会社も、事故れば、東電と同じ対応されるのですか?
事故は税金で後仕舞することになっているのですか?
ひとたび、事故れば関連住民の生活を壊し尽くす原発必要ですか?
原発に変わる安全なものはないのですか?
と問いただしたい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               朝日新聞2012年1月21日

b0242956_10134488.jpg

  by setonokaze | 2012-01-21 10:49

<< F1爆発事故と同じ型の原発(B... 日本の原発はなぜ不安全なのか。... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE